導入方法の違い

Pocket

コピー機を導入する方法は3つあります。それぞれの特徴と違いはどうなっているでしょう。希望に沿ったコピー機選びのためにも、導入前に大きな特徴と違いを知って検討材料にすることは大切です。

リースリースは月払いのため導入の初期費用が安く抑えられますが、中途解約不可の場合が多く契約期間中に解約しようとすると違約金が発生することもあります。リース品は新品の最新機種が揃っていることが多いです。レンタルの解約はいつでもできますが、月の支払い額がリースより高額なため短期間の利用に向いています。レンタル品はリースと比べて古い製品や中古のコピー機も扱っています。購入は導入の初期費用はかかりますが、リースと比較すると総額でリースの方が割高になります。

これは月々のリース料金に手数料がかかるためです。特に現金での一括購入が最も支払総額が少なくなります。リースとレンタルの共通点は、所有権はコピー機を導入した会社にはないことです。所有権がコピー機を導入した会社のものになるのはコピー機を購入した場合のみです。そのため、購入すると固定資産税の支払いや事務処理が発生しますが、処分や買い替えも会社の自由にできます。

それぞれの特徴とともに、コピー機を使う会社の状況や利用期間とコストを適切に判断して導入方法を選びましょう。

運営者