導入方法の違い

コピー機を導入する方法は3つあります。それぞれの特徴と違いはどうなっているでしょう。希望に沿ったコピー機選びのためにも、導入前に大きな特徴と違いを知って検討材料にすることは大切です。

リースリースは月払いのため導入の初期費用が安く抑えられますが、中途解約不可の場合が多く契約期間中に解約しようとすると違約金が発生することもあります。リース品は新品の最新機種が揃っていることが多いです。レンタルの解約はいつでもできますが、月の支払い額がリースより高額なため短期間の利用に向いています。レンタル品はリースと比べて古い製品や中古のコピー機も扱っています。購入は導入の初期費用はかかりますが、リースと比較すると総額でリースの方が割高になります。

これは月々のリース料金に手数料がかかるためです。特に現金での一括購入が最も支払総額が少なくなります。リースとレンタルの共通点は、所有権はコピー機を導入した会社にはないことです。所有権がコピー機を導入した会社のものになるのはコピー機を購入した場合のみです。そのため、購入すると固定資産税の支払いや事務処理が発生しますが、処分や買い替えも会社の自由にできます。

それぞれの特徴とともに、コピー機を使う会社の状況や利用期間とコストを適切に判断して導入方法を選びましょう。

コピー機を購入する

会社においてコピー機は必須のOA機器のひとつです。コピー機が古くなったから買い換えたい、起業に伴ってコピー機を導入しなければならないなど、いずれの状況でもコピー機を少しでも安く購入できれば会社としては非常に助かります。コピー機の購入にはどのような方法があるのでしょう。

コピー機よく耳にするコピー機複合機という言葉ですが、この2つは厳密には違うものになります。コピー機は複写機であり、複合機は複写以外の複数の性能が搭載された機器を指します。しかし、現在はコピー機と複合機が同じ意味で使われることがほとんどです。コピー機は複写機能だけでなく、複合機と同様に多くの機能が搭載されています。数ある機能のなかから自分の会社にはどんな機能が絶対必要なのかを把握しておくことが、コピー機選びには欠かせません。

最新のコピー機の購入は本体だけでも高額ですが、そこにオプションをつけるとさらに値上がりします。そのため安い中古のコピー機の購入を検討するのも1つの手段です。ほかにもリースやレンタルなどの導入方法がありますが、所有権はリース会社やレンタル会社になるので基本的には返却が必要です。それぞれの導入方法の特徴を把握して、会社の利用期間など会社の状況にあった方法でコピー機を導入することが大切です。

新品と中古品の違いもあります。中古ならではのチェックポイントや新品だと加入が必須の保守契約も中古は任意であったりします。製品やアフターフォローの違いを理解することは納得のいくコピー機選びにかかせません。

このサイトではコピー機の導入方法から中古コピー機についてまで、購入の際に参考になるよう説明します。